健康・運動・学力のアップと音痴の直しは詩吟英洲流から

タイトルの共通点。 腹式呼吸・複式発声(丹田)。明るく、楽しく、遠くの人と会話する。何事においてもこれが基本です。さァ【健康・運動・学力のアップと音痴を直す】ために詩吟を始めよう。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

義民七人様330回忌法要

義民七人様330回忌法要

 093d67.jpg  da2039.jpg
140人の参加者を数え、6人の僧侶によって盛大に執り行われました。

b77e4a.jpg 
式次第


0dda1f.jpg
市長挨拶 


aa74fc.jpg
3姉妹で奉納吟


   七人様を讃(たと)う  (和讃)

帰命(きみょう)頂礼(ちょうらい) 七人様 時は寛文 十二年
霜月中旬(なかば)の 頃よりか 非道な殿に 替(か)わられて

重き年貢(ねんぐ)の 取立てに 堪(た)えかねますので 時どきに
殿に恩免(おんめん) 願えども 非道(ひどう)益々 つのるなり

ついに心は 死の一(いち)字(じ) かわいい妻子(つまこ)や 親たちも
家も宝(たから)も みな捨てる 覚悟は天和(てんな)の 壬(みずのえ)の

戌(いぬ)の三月 花の頃 お奉行所(どころ)へ 願い出(い)で
身はお処刑(しおき)の 重き罪 郷(さと)のためとて いじらしや

誉(ほまれ)は後(のち)に かんばしき 七魂(しちこん)得脱(えだつ) 祈るため
南無(なむ)阿弥陀仏(あみだぶつ) 阿弥陀仏  南無(なむ)阿弥陀仏(あみだぶつ) 阿弥陀仏 


この和讃は御詠歌として語り継がれてきたものですが、高齢で御詠歌を歌う事が出来る人が少なく、わが会員の3姉妹がが詩文を少し変え、詩吟の調子に変えて奉納しました。
伴奏はよぼじぃです。

地元の新聞や朝日や毎日の地方版にも載りました。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://theonti.blog17.fc2.com/tb.php/73-508630ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
このページのトップへ

FC2Ad

まとめ

プロフィール

theonti

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。